• スペシャルコンテンツ
  • LOVELOCAL特集
  • 動画アーカイブ

マルトマ食堂の生ホッキ丼

北海道 ・ 苫小牧市 北海道エリア
水揚げ量日本一の苫小牧
漁港隣接の食堂の漁師飯はこれ!
苫小牧東ICからクルマで約15分。林立する倉庫群を進んだ先の苫小牧漁港に面した漁業協同組合事務所。その1階にあるマルトマ食堂は、地元漁師をはじめ、近くで働く人に愛されて約半世紀。相席が当たり前の家庭的な雰囲気が楽しいお店です。

多彩な魚介メニューの中でひと際目をひくのが、生ホッキ丼など20種類以上ものホッキ貝料理です。ホッキ貝は北海道と東北で親しまれている貝で、甘みと旨みが大きな特徴。生の状態では薄紫色で柔らかく、火を通すと美しい紅色になって弾力性が増し、シコシコとした歯応えが楽しめるのも魅力です。

「苫小牧市はホッキ貝の水揚げ量日本一で、身が肉厚なのも自慢。ここでは、美味しい地元のホッキ貝料理を多くの人に楽しんでほしくて」とマスターの三浦秀夫さんは笑顔で話します。

ボリュームたっぷりの新鮮な魚介料理を低価格で堪能できるマルトマ食堂。素朴で温かい北海道らしさが味わえる名店です。

マルトマ食堂

  • 住所: 北海道苫小牧市汐見町1-1-13
  • 電話: 0144-36-2023
  • 営業時間: 5:00~14:00
  • 定休日: 日曜 / 祝日 / GW / お盆 / 年末年始
  • 駐車場: 10台(無料)
  • カレイも地元でよくとれる魚のひとつ。大きくて身の厚いカレイの煮付けは、ご飯が進むおかずとして定食も人気。唐揚げはテイクアウトもできる。
  • マスターの三浦秀夫さん(左)も、息子で店長の三浦未(いまだ)さんも、魚の目利きでサービス精神も旺盛。「美味しい魚介をお腹いっぱい食べていってくださいね」と話す。
  • マスターの三浦さんがお客さんに声をかけて回るなど、食堂はほのぼのとした温かい雰囲気。

閉じる
ログイン

掲示板でスレッドを立てたり、スレッドや投稿へ返信、イベントに参加するには、LOVE LOCAL COMMUNITYへのログインが必要です。

Facebookアカウントで登録している方
メンバー登録をしていない方

メンバー登録していない方は、新規登録のお手続きをお願いします。
なお、COPEN CLUBメンバーの方は、COPEN CLUBにご登録された内容を引き継いで上記からログインいただけます。