• スペシャルコンテンツ
  • LOVELOCAL特集
  • 動画アーカイブ

きじや「きじ炭焼き」

熊本県 ・ 人吉市 九州エリア
人吉の渓谷を眼下に望み
せせらぎに包まれながら
鮮度抜群のきじ肉に舌鼓
人吉市の中心地から、国道219号線、通称・人吉街道(ひとよしかいどう)をクルマで南下すること15分。街道沿いを流れる胸川(むねがわ)の眺めに癒されつつ走っていくと、「きじや」の看板が目に入ります。店内には、道路からは想像できなかった、渓谷の素晴らしい景観が広がっています。

ご主人の中島光則さんがこの店を始めたのは、30年以上前。「このあたりは、木地屋(きじや)と呼ばれる集落なので、語呂合わせで、きじ料理の店を開いたら面白いと思って」と、当時のひらめきを笑顔で語ってくれました。実際に、きじ料理を提供してみると、そのめずらしさもあって、地元でも評判となり、遠方から「きじや」を目的に来る人も増えました。

名物は、刺身でも食べられるほど鮮度のいいきじ肉を、七輪で炙って食べる炭火焼き。ムネ肉、モモ肉、手羽先の部分など、きじのさまざまな部位を食すことができるのも、専門店ならではの魅力です。炭火焼きのムネ肉とモモ肉は焼きすぎず、両面とも少し焦げ目がついたところでさっと引き上げるのが、美味しく食べるコツ。プリプリとした噛み応えと、滋味深い旨味が堪能できます。皮ごと串に刺した手羽先の部分はじっくりと焼き、カリカリの食感を楽しみます。まずはシンプルに結晶塩だけつけて、次はほんのり甘い自家製のみそだれでと、2通りの味わい方でどうぞ。

料理に使うきじは、ほどよく脂がのった2年もののみ。すべて、中島さん自ら飼育しています。  ゆうゆうと流れる川をながめながら、きじの炭焼きや刺身、きじの卵のみそづけなどに箸を伸ばせば、「これぞ秘境」の極楽気分です。

きじや

  • 住所: 熊本県人吉市木地屋町2522
  • 電話: 0966-29-0401
  • 営業時間: 11:00~20:00(20:00までに入店の場合は22:00まで営業)
  • 定休日: 毎週水曜日(祝日の場合は営業)
  • 駐車場: 5台(無料)
  • 客席の窓から望む渓谷。すぐ目の前を川が流れるダイナミックさと、心地よいせせらぎの音も、料理の美味しさを引き立てる。特に夏場は、川に涼を求める人々で賑わう。
  • 駐車場から坂を少し下ると、きじやの玄関に到着。店内に入ると、思いのほか川が近いことに驚く。周辺には、布の滝という景勝地もあるので、食事の前後に立ち寄るのもおすすめ。
  • 人吉出身のご主人、中島さん。掘りごたつ式の個室や、板の間の座敷席など、川の眺めと開放感を存分に楽しめる席が準備されている。中島さんお手製のオルゴール水車も見どころ。

閉じる
ログイン

掲示板でスレッドを立てたり、スレッドや投稿へ返信、イベントに参加するには、LOVE LOCAL COMMUNITYへのログインが必要です。

Facebookアカウントで登録している方
メンバー登録をしていない方

メンバー登録していない方は、新規登録のお手続きをお願いします。
なお、COPEN CLUBメンバーの方は、COPEN CLUBにご登録された内容を引き継いで上記からログインいただけます。